Greatness Gardening

キュウリの育て方を伝授|流れを把握しておくべし

良い苗を選ぼう

苗を選ぶポイント

メンズ

家庭菜園をする際、人気のキュウリには育て方のポイントがあるので、美味しいキュウリを育てる為に、チェックしておきましょう。
美味しいキュウリを栽培するには、育て方をチェックする前にまずは苗の選び方を抑えておく必要があります。
いくら育て方を把握していても、苗選びに失敗してしまったら丈夫で美味しいキュウリを、育てる事は出来ないのです。
苗はずんぐりとして葉が大きいもの、虫食いや病気が無い事、葉の色が黄色くなっているなど薄くなっていないかをチェックします。
キュウリは茎が弱い野菜で折れやすい特徴があるため、出来るだけ茎が太いものを選ぶと良いでしょう。
全体的に細く感じる苗や、葉が黄色っぽくなっている苗はあまり良い苗とは言えないので避けた方が無難です。
プランターで栽培するという場合、肥料を含んだ市販の培養土を使うと手軽に始められるのでおすすめです。
培養土の中には軽く作られているものもあり、マンションでも手軽にプランター栽培できるようになっています。
育て方のコツとしては、適切な水やりと追肥を行うというのが必要で、水や肥料が少なくても、逆に多すぎても美味しいキュウリを育てる事は出来ません。
プランターで育てる場合は、土の表面が乾いてきたら水を与えるポイントになると言われています。
肥料が入っている培養土を使えば、植え付けてから約2週間程度は追肥をしなくてもキュウリの育成を妨げる事はありません。
ですが、2週間後からは1週間に1回か、2週間に1回のペースで追肥を行うようにして、キュウリの育成を促進させましょう。

栽培場所によって変える

畑

キュウリは約95%が水分というデータもあるほど、ほとんど水で作られている野菜という事もあり、育て方のコツも水やりにあります。
初心者の方でも水やりのコツさえおぼえておけば、キュウリは育て方が簡単な野菜と言えるでしょう。
露地栽培での育て方を選んだ場合、植え付け前と植え付け後の水やり方法を変えなければいけません。
キュウリの根を深く張らせるよう、露地栽培の場合は1度水やりを制限するのが基本です。
苗を植え付ける約1週間程度前に、畝に水を十分に与えておいて苗を植える前までには、土が乾いている状態にしておきます。
苗を植えた後は株元に水を与えて、その後は根が張るまで水やりを約2週間程度、中止しましょう。
この2週間という目安はだいたいの基本で、この期間内に葉がしおれるなどした場合は水を与えるのがおすすめです。
しっかりと根が張った後は、3日に1回のペースで水やりを行えば、水分が足りずに枯れてしまうというリスクを回避出来ます。
この育て方は畑で行う露地栽培の方法で、プランターで育てるという場合は、また変わってくるのでチェックしておきましょう。
プランターで栽培する場合は、過度に水を与えすぎてしまうと病気を引き起こす原因となるので注意が必要です。
土が乾いてきたら水を与える程度に控えるのが、プランターでキュウリを育てるコツとなります。
気温が上昇する夏場は昼間に水を与えると、土の温度が高いので水がお湯になってしまい、キュウリには大ダメージです。
夏場の水やりは涼しい朝か夕方などに行い、キュウリにダメージを与えないようにしましょう。

成長が早いのが特徴

庭

近年、家庭菜園をする人が増えています。
中でも、キュウリは育て方が簡単であることから人気がある野菜です。
キュウリはプランターで栽培することが可能なので、庭や畑などがなくても育てることが可能であり、ベランダのスペースで育てることが出来ます。
また、植物特有の病気や害虫にも比較的強い点も魅力となっています。
育成スピードも速く、夏休みの自由研究や観察日記にも最適です。
育て方をイラストや写真と一緒にレポートにまとめるもおすすめです。
もし、このように、子どもと栽培や観察を楽しみたいのであれば、種からでなく苗から育てるとよいでしょう。
なぜなら、苗から育てる方が栽培を失敗させてしまうことがないからです。
キュウリの苗はホームセンターや通販サイトで購入することができます。
ホームセンターで購入する際には苗についている葉が大きいものを選ぶとよいでしょう。
そして、通販サイトで購入する場合には、口コミ評価を見て購入するとよいでしょう。
口コミ評価が高い通販サイトであれば、状態の良い苗から発送してくれるので、安心です。
また、詳しい育て方のアドバイスが記載されている冊子をつけてくれるサイトもあります。
いずれかの方法で、実際に苗を購入したら、たい肥や肥料を用意します。
植え付けの1週間前までに耕しておくとよいでしょう。
また、植え付け時には、たくさんの水で土を湿らせておくことも忘れないようにしましょう。
キュウリの苗は、水を多めに与えると根が活着しやすいからです。
また、夜間に実を成長させるので夕方に水やりをするとよいとされています。
実をつけてからは2〜3日に一度の水やりでよいので、育て方が難しくありません。
キュウリは様々な料理にも活用することができるので、ぜひ家庭栽培をしてみてはいかがでしょうか。

育てる場所を選ばない

畑

キュウリは露地栽培といって畑での栽培だけでなく、プランターでも育てる事が出来る野菜です。育てやすいので家庭菜園初心者の方でも、扱いやすいでしょう。株間を約40センチ程度開けるのが、キュウリの育て方のコツです。

もっと読む

育てやすい夏野菜の代表

野菜

比較的育て方が簡単なキュウリは栽培の初心者に最適な夏野菜です。種から育てる場合は温度管理に注意が必要で、苗を購入する場合は葉が厚く色が濃いものを選びましょう。キュウリは水切れに弱いので乾燥には注意し、1週間に1回肥料を与えることが大切です。

もっと読む

良い苗を選ぼう

メンズ

キュウリの苗はずんぐりとして、茎や葉が丈夫なものを選びます。プランターでの育て方のコツとしては、適切な水やりと追肥が欠かせません。水やりは土の表面が乾いたら、追肥は1週間から2週間に1回行うのがコツです。

もっと読む