Greatness Gardening

キュウリの育て方を伝授|流れを把握しておくべし

育てやすい夏野菜の代表

追肥と水切れに要注意

野菜

夏を代表する野菜のキュウリは、病気に強く温度変化にもあまり影響されないので比較的育て方が簡単で、栽培の初心者に最適な野菜です。
1株で20本から30本くらい結実するので、収穫の楽しさを味わうにも適した野菜と言えます。
このキュウリの育て方は、種からと苗を購入する2通りがあります。
種から育てる場合のポイントは、芽が出るまでの温度管理にあります。
そして、最低でも20度をキープできる場所でポットに種を2〜3粒蒔き、土をしっかり被せて水を十分に与えるのがポイントです。
一週間程度で芽が出てきますので、一番生育状態の良い芽を残した他は間引いて、1か月前後したら肥料を混ぜ込んだ畑やプランターに植え替えます。
もし、苗を購入する場合は、子葉が2枚残ったもので本葉が3〜4枚あり、葉が厚く色が濃いものでポットの下の穴から白根が見えている苗を選びましょう。
購入後すぐに植え替えて十分な水を与えることが大切ですが、ポットの土ごと植え替えることがポイントです。
植え替えたら苗が倒れないように支柱を立て、苗の茎の部分を傷つけないようにして支柱に結びます。
その後2週間くらい経過したら追肥を開始しますが1週間に1回のペースで与えるようにしましょう。
また、キュウリは水切れに弱いので水を切らさないようにするのが育て方のポイントです。
結実したら最初と2番目までは株の消耗を防ぐため早めに摘み取りますが、それ以降は収穫時期を逃さないよう注意しましょう。
このように育て方が簡単なキュウリですが、自分で育てたら一層おいしく感じられるはずです。
初めてなら種からではなく、苗を購入することをおすすめします。

肥料や道具選びが重要

ガーデン

何となく簡単に栽培できそうというイメージのあるキュウリですが、いざ育ててみると実がなる前に枯れてしまうというケースも少なくありません。
せっかく育てるのですから、美味しいキュウリが作れるよう育て方をチェックしてから、栽培を始める事をおすすめします。
育て方で欠かせないのがキュウリを栽培する際に必要な道具や、健康に育てる為の肥料です。
これら道具や肥料選びを間違ってしまうと、枯れてしまうなどして美味しいキュウリを育てる事が難しくなります。
プランターで育てるという場合、プランターの大きさをチェックする事が育て方のコツの1つです。
1株あたりにつき約20リットル以上の土が入れられる大きさの、プランターを選ぶようにしましょう。
プランターの深さは約30センチ程度あれば栽培出来ますが、キュウリの場合は深さよりも広さが重要となります。
育成不良を起こさない為にも、定期的に追肥を行い十分な栄養を与える事も、覚えておきたい育て方の1つです。
液状の肥料であれば与えれば、すぐに栄養を与える事が出来るので肥料不足を速攻で解消出来ます。
粒状の化成肥料もありますが均一に栄養を与える、そしてすぐに肥料不足を解消したいという場合、初心者であれば扱いやすい液状の肥料がおすすめです。
ただし、早く栄養を与えたいからといって大量に追肥してしまうと、今度や肥料焼けといって根が傷んでしまう症状が出るので注意しましょう。
定期的に適量の肥料を与えるという事が、美味しいキュウリ栽培には欠かせないコツとなります。

栽培の仕方と品種

女性

初めて野菜作りに挑戦しようと考えている人が、多く選ぶのがキュウリです。
育て方が簡単な上に、けっこう大量に収穫できるので、お得感があるのかもしれません。
また成長に掛かる時間も短く、すぐに成果があらわれるのでやりがいにも繋がります。
キュウリの育て方のポイントを見ていくことにしましょう。
最初の苗はホームセンターなどでいつでも手に入れられます。
植え替え用のプランターと土を準備しておくと便利に使えるでしょう。
キュウリは根が浅く広く張っていきますので、土の乾燥を避けるために、夕方には必ず水をあげるようにします。
ある程度、つるが伸びてきたら、支柱を立て、絡ませるようにして、上へ上へと伸ばしていきます。
花が咲いたら、だいたいその十日後辺りが収穫の時期ですので、実が大きくなりすぎないよう注意してください。
正しい育て方を守れば簡単にできるキュウリですが、食卓では万能選手なのです。
サラダにしたり酢の物にしたりいろいろな調理方法で食べることができます。
また栄養豊富でカリウム、ビタミンC、カロチンが入っています。
夏の疲れた身体にはもってこいと言えます。
さらに一口にキュウリといっても様々な品種があります。
地這い、VR夏すずみ、フリーダム、ミニキュウリにはミニQ、ピッコロなどピクルスのように漬けても美味しくいただけます。
育て方は基本的に同じですが、それぞれの品種によって気を付ける作業などもありますから、種袋に書かれた育て方を良く読んでチャレンジしてみましょう。

育てる場所を選ばない

畑

キュウリは露地栽培といって畑での栽培だけでなく、プランターでも育てる事が出来る野菜です。育てやすいので家庭菜園初心者の方でも、扱いやすいでしょう。株間を約40センチ程度開けるのが、キュウリの育て方のコツです。

もっと読む

育てやすい夏野菜の代表

野菜

比較的育て方が簡単なキュウリは栽培の初心者に最適な夏野菜です。種から育てる場合は温度管理に注意が必要で、苗を購入する場合は葉が厚く色が濃いものを選びましょう。キュウリは水切れに弱いので乾燥には注意し、1週間に1回肥料を与えることが大切です。

もっと読む

良い苗を選ぼう

メンズ

キュウリの苗はずんぐりとして、茎や葉が丈夫なものを選びます。プランターでの育て方のコツとしては、適切な水やりと追肥が欠かせません。水やりは土の表面が乾いたら、追肥は1週間から2週間に1回行うのがコツです。

もっと読む