Greatness Gardening

キュウリの育て方を伝授|流れを把握しておくべし

簡単に作れる夏野菜

成長を促す方法

庭

ベランダや庭で家庭菜園を楽しむ人はいますが、夏野菜としてキュウリを育てる人はたくさんいます。
キュウリの育て方は比較的簡単で、成長も早く、初心者でも挑戦しやすい夏野菜のひとつなので、多くの人がチャレンジしています。
まずはホームセンターなどで、ポット売りされている苗を購入します。
そのとき、大きめのプランターと野菜栽培向けの土を一緒に揃えると尚よいでしょう。
プランターに土を盛り、そこにポットの苗を丁寧に移します。
土が固すぎると良くないので、手でほぐしながら入れましょう。
バラなど他の植物も同じですが、暑い時間帯に水やりを行なうと、植物にお湯がかかるような状態になってしまうので、育て方としてはなるべく日が沈んだ後に水やりは行なうようにするほうがいいと言われています。
また育ててしばらくすると、つるが螺旋状に巻いてきますので、事前に支柱を立てておきます。
正しい育て方をして、実がなってくるとかなりの重さになりますので、支柱はしっかりとした素材のものを選んでください。
つるの先を支柱に絡め、自然に上に伸びて行くように誘導します。
またキュウリは株が弱った状態で、実が大きくなってしまうとその後は実が黄色く変色し、やがて枯れてしまいますので、葉が多く生えてきたら、必ずいらない葉を摘んで捨ててください。
古くなった葉や枯れてしまったものを摘むことによって、太陽の光が良く当たるようになり、栄養が株に浸透します。
ここまで述べた正しい育て方をすると、成長はとても早く、開花してからはあっという間に実が大きくなります。
キュウリの食べ頃はだいたい開花から十日後くらいと言われているので、すぐに楽しめるのも魅力です。

注意点を押さえて上手に育成

園芸用品

キュウリの育て方は比較的に簡単ですし、美味しく食べることも出来ますので、家庭菜園で栽培するのにぴったりの野菜です。
またキュウリの育て方はインターネットでもよく紹介されていますので、初心者でもとっつきやすいというメリットもあります。
しっかりと水やりをして適切に肥料を与えるだけで、収穫が間に合わないくらいのペースでキュウリがとれる事も珍しくありません。
ただしいくつかの注意点もありますので、育て方と合わせて覚えておくと、さらに上手に育てることが出来るでしょう。
そこでキュウリを育てる際の注意点なのですが、害虫や病気に対する対策をそれなりにしておく事がとても重要です。
きちんとした育て方をしていたとしても、ウリハムシなどのキュウリが好きな害虫が付いてしまうと、台無しになってしまいます。
また病気も同様なので普段から害虫が付いていたり、病気なっていないかをよく観察して、場合によっては殺虫剤等を使うことも検討しましょう。
次にキュウリは水やりがとても大切なのですが、やりすぎてしまうと根腐れを起こしてしまう危険性があるので注意が必要です。
ですから1日に何度も水やりをして過湿状態にするよりは、1日または2日に一度ある程度の量の水やりをした方が良いでしょう。
さらにプランターの中に水が溜まってしまわないように、排水がしっかりと出来るようにしておく事も大切なポイントです。
どうしても乾燥が気になるという場合は、根本に敷き藁を用いることで土が必要以上に乾燥してしまう事を防ぐことが出来ます。

栽培のポイント

畑

キュウリはサラダや漬物、つまみなど料理のバリエーションが豊富な野菜です。
収穫量も多いので家庭農園やガーデニングで栽培出来たら節約にもなります。
初心者でもプランターと苗を使えば簡単に育てることが出来るのでお勧めの野菜です。
キュウリの育て方で用意するものは、まず苗とプランター、培養土、支柱と肥料などです。
ホームセンターにはセットになった栽培キットが販売しているので一式そろえても、費用も安く済みます。
キュウリは暖かい気候を好むので、植え付けは4月ごろが適しています。
育て方はまずプランターに水はけをよくする鉢底石を敷いて、その上から培養土を入れます。
植え付けはポットから苗を取り出して十分な隙間を空けて、植える深さは根元まで土がかかる深みではなく浅めにします。
植え付けたあとは十分に水をやります。
そしてキュウリは上へと長く成長していくので、風で苗が倒れないように支柱を立てます。
支柱は30cm程の長さで、苗の横に添えるような形で苗と支柱をビニールタイで軽めに結びます。
そして苗が育って来たら注意するポイントがあります。
ツルは伸びるのが早いため、こまめに誘引する必要があります。
ツルが伸びてきたら下から5節までの脇芽部分を取ります。
5節とは下の葉から数えて5番目のことです。
実がなった場合は株が若いうちについた実は10cm程でも採り、苗の負担を減らしましょう。
収穫の時期の判断は、品種にも寄りますが開花してから1週間が目安です。
20cm程の長さが収穫に適しています。
そのままにしていくと大きくなってアブラムシなどが付き、味が落ちるので注意が必要です。
水分が不足すると株が弱るので土の上面が乾いたら一日一回は水やりをします。
プランターでもこのように化学肥料を与える必要もなく、また育て方もとても簡単です。
簡単にキュウリは栽培することが出来るのでぜひ育て方を調べてみてください。

育てる場所を選ばない

畑

キュウリは露地栽培といって畑での栽培だけでなく、プランターでも育てる事が出来る野菜です。育てやすいので家庭菜園初心者の方でも、扱いやすいでしょう。株間を約40センチ程度開けるのが、キュウリの育て方のコツです。

もっと読む

育てやすい夏野菜の代表

野菜

比較的育て方が簡単なキュウリは栽培の初心者に最適な夏野菜です。種から育てる場合は温度管理に注意が必要で、苗を購入する場合は葉が厚く色が濃いものを選びましょう。キュウリは水切れに弱いので乾燥には注意し、1週間に1回肥料を与えることが大切です。

もっと読む

良い苗を選ぼう

メンズ

キュウリの苗はずんぐりとして、茎や葉が丈夫なものを選びます。プランターでの育て方のコツとしては、適切な水やりと追肥が欠かせません。水やりは土の表面が乾いたら、追肥は1週間から2週間に1回行うのがコツです。

もっと読む